FC2ブログ

melodiya shop

黄金期の音を追い求めて

ガラード garrard 401

 日本ではガラードと言えば、301が思い浮かばれ、一般的に評価も高く、人気もありますが、401も決してダメなプレーヤーではありません。401は民生品であるためか軽い扱いになるようですが、ガラード社が推奨しているようにフロート式の台にセットして振動をうまく制御してやれば、本来の性能、静粛で有りながら力強い音が楽しめるのです。鉛入りの台とか、重い積層板などを使った台では音の響きが全く損なわれてしまい良くないようです。

 商品画面では小さい写真しか載せられませんので、大きめの写真を載せておきます。

DSC01529.jpg

DSC01530.jpg

DSC01531.jpg

DSC01533.jpg

DSC01535.jpg

DSC01536.jpg

DSC01537.jpg

スポンサーサイト



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Melodiya Shop

Author:Melodiya Shop
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
レコード (35)
アンプ (8)
スピーカー (15)
レコードレーベルについて (6)
レコードコンサート (3)
オーディオ教室 (1)
アナログ (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR